S.O.C

丹羽良徳 Yoshinori NIWA

生存を維持するためにやむえず行う作業

2019
ネオンチューブ
110x110cm
撮影:TAKAMURADAISUKE

私的空間からアドルフ・ヒットラーを引き摺り出す

2018
芸術祭「シュタイヤーマルクの秋’18」によるコミッション・ワーク
新聞広告
グラフィック:Yelena Maksutay
Withdrawing Adolf Hitler from a Private Space (2018)

私的空間からアドルフ・ヒットラーを引き摺り出す

2018
芸術祭「シュタイヤーマルクの秋’18」によるコミッション・ワーク
インターネットで展開されるドキュメンタリー映像シリーズと衣類回収コンテナ
撮影:Mathias Völzke
写真提供:steirischer herbst
Withdrawing Adolf Hitler from a Private Space (2018)

歴代町長に現町長を表敬訪問してもらう

2016
9チャンネルビデオ、プログラムされた9台の電光掲示板、ネオンサイン、看板、写真、テキスト
1h6min.34sec.
展示風景:宮浦ギャラリー六区(直島)、2016
撮影:市川靖史
Paying a Courtesy Call on the Incumbent Mayor by all His Predecessors in History (2016)

ゴミの山の命名権を販売する

2014
プロジェクトとシングルチャンネル映像
25min.43sec.
Selling the Right to Name a Pile of Garbage (2014)

日本共産党にカール・マルクスを掲げるよう提案する

2013
2面のビデオインスタレーション、写真を印刷した横断幕、黒板、旗、拡声器
18min.02sec. each
at 六本木ヒルズ・森美術館開館10周年記念展「六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウト―来たるべき風景のために」森美術館
撮影:渡邉 修
写真提供:森美術館

モスクワのアパートメントでウラジーミル・レーニンを捜す

2012
3チャンネルビデオ
8min.40sec. each
Looking for Vladimir Lenin at Moscow Apartments (2012)

デモ行進を逆走する

2011
パフォーマンスのドキュメントビデオ
10min.01sec.
Walk in the Opposite Direction of a Demonstration Parade (2011)

ルーマニアで社会主義者を胴上げする

2010
シングルチャンネルビデオ
29min.09sec.
Tossing socialists in the air in Romania (2010)

結婚を決意できない友人の為に深夜2時街灯の下で結婚式をする

2009
ラムダプリント
120x150cm

自宅のゴミをサンフランシスコのゴミ捨て場に捨てにいく

2006
シングルチャンネルビデオ
17min.33sec.
Going to San Francisco to dispose of my garbage (2006)

水たまりAを水たまりBに移しかえる

2004
シングルチャンネルビデオ
10min.53sec.
Transferring puddle A to puddle B (2004)

丹羽 良徳

1982
愛知県生まれ
 
ウィーン(オーストリア)在住
2005
多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科卒業

主な個展

2019
「想像したはずの共同体」Satoko Oe Contemporary(東京)
「誰も要求してない計画に全会で一致する」ギャラリーX BY PARCO(東京)
2017
「That Language Sounds Like A Language」 Edel Assanti(ロンドン)
「We’re Heading to a Place Where Nobody Wants to go By the Will of All」1335MABINI(マニラ)
「MAMスクリーン#5: 丹羽良徳映像集」森美術館(東京) 
2016
「Zapoznela hipoteza – Od A do B」Alkatraz Gallery(リュブリャナ)
「理由への反撃」CAPSULE(東京)
「Power of Ownership」1335MABINI(マニラ)
「名前に反対」みなとまちアートテーブルなごや(愛知)
2015
「Historically Historic Historical History of Communism」Edel Assanti(ロンドン) 
2014
「Research and Production: Artistic Methods in a Transitional Period」淡水歴史博物館(台北)
「Never Trust in People without Contradiction」1335MABINI(マニラ)
2012
「時代の反対語が可能性」AI KOWADA GALLERY(東京)
「時代の反対語が可能性」GALLERY TERRA 東京(東京)
「ベルンで熊を拍手喝采する」NADiff Window Gallery(東京)
2011
「共同体の捜索もしくはその逃走劇」AI KOWADA GALLERY(東京)
2010
「解決策なしそれでも乱闘」AI KOWADA GALLERY(東京)
「アクティヴィズムの詩学」ギャラリーαM(東京)
「Communicating with Thieves」HIAP Project Room(ヘルシンキ)
2009
「振り向いてよ共同体!」Migigawanikenme(東京)
「Transforming puddle A to puddle B」Art in General(ニューヨーク)

主なグループ展

2020
「欲しいものはみんな地球の向こう側にあった」AIL – Angewandte Innovation Lab(ウィーン)(予定)
2019
「青森EARTH2019:いのち耕す場所」青森県立美術館(青森)(予定)
「Choreographing the Public / The Social Contract」OnCurating Project Space(チューリッヒ)(予定)
「JAPAN UNLIMITED」frei_raum Q21 exhibition space(ウィーン)(予定)
「45th National Salon of Colombia」(ボゴタ)(予定)
「Protocols of Together」MEDO Space(ウィーン)
「Heimat/Homeland/Tierra」Otazu Foundation(スペイン)
2018
「Limited Vision」The National Forum of Music Wroclaw(ヴロツワフ)
「steirischer herbst’18」(グラーツ)
「Practice of Occupation of the Work」Wroclaw Contemporary Museum(ヴロツワフ)
「Wars Of Worlds」Visual Kontakt(クルジュ・ナポカ)
「Imagining Memory: Between Anaesthesia and Amnesia」1335MABINI(マニラ)
「Current Sign」das weiess haus(ウィーン)
2017
「Too Pretty To Throw Away」Asia and Pacific Museum(ワルシャワ)
「Wars Of Worlds」MOA contemporary(ブカレスト)
「Wars Of Worlds」National Museum of Art Constanța(コンスタンツア)
「ソーシャリー・エンゲイジド・アート展:社会を動かすアートの新潮流」3331 Arts Chiyoda(東京)
「Where are we going?」Zimmermann Kratochwill(グラーツ)
2016
「Rivers – The way of Living in Transition/Asia Contemporary Art Links」光州ビエンナーレホール(光州)
「Packaging Design from Japan: Too Pretty to Throw Away」Siebold Huis(ライデン)
「Packaging Design from Japan: Too Pretty to Throw Away」Managua Center(クラコフ)
「瀬戸内国際芸術祭2016」(香川)
「昼の家、夜の家」@KCUA(京都)
2015
「愛すべき世界」丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)
「Rivers – The way of Living in Transition/Asia Contemporary Art Links」The Pier-2 Art Center(高雄)
2014
「Some Like It Witty」Gallery EXIT(香港)
「Forces at Work」Jorge B. Vargas Museum and Filipiniana Research Center(マニラ)
「すすきのトリエンナーレ2014」(札幌)
2013
「The 7th Move on Asia: Censorship」Alternative Space LOOP(ソウル)
「あいちトリエンナーレ2013」愛知芸術文化センターほか(愛知)
「六本木クロッシング2013: アウト・オブ・ダウト」森美術館(東京)
2012
「Double Vision: Contemporary Art From Japan」Moscow Museum of Modern Art(モスクワ)
「Double Vision: Contemporary Art From Japan」Hiafa Museum of Art(ハイファ)
「New Gallery × New Artists × New Works」AI KOWADA GALLERY(東京)
「RYUGU IS OVER」竜宮美術旅館(神奈川)
「Similarities and Differences— Asian Contemporary Media Arts from Daisuke 2012 Miyatsu Collection」BEXCO(アメリカ、韓国)
「Identity VIII – curated by Shihoko Iida」nca | nichido contemporary art(東京)
「代官山アートストリート」ヒルサイドフォーラム(東京)
「But Fresh」トーキョーワンダーサイト本郷(東京)
2011
「ソーシャルダイブ 探検する想像」アーツ千代田3331(東京)
「Gallery Artists’ show 2011」AI KOWADA GALLERY(東京)
「Art Struction」アーツ千代田3331(東京)
「再考現学 /Re-Modernologio」phase2: 観察術と記譜法」国際芸術センター青森(青森)
「Busan Biennale Sea Art Festival 2011」(釜山)
「BONE 14 – Performance Art Festival BERN」Schlachthaus Theater(ベルン)
2010
「UTOPIA OF EXOTIC」PAVILION UNICREDIT(ブカレスト)
2009
「The Arts of Togetherness」Gendai Gallery(トロント)
2007
「ENSEMBLE OF MEN」Matucana 100(サンチャゴ)
2006
「Living Art from Tokyo and San Francisco」The Lab(サンフランシスコ)
2005
「Ongoing vol.04 – よんでみてみて!」BankART1929(神奈川)
「BOY! BOY! BOY!」御茶ノ水女子大学(東京)
「The Experimenter Project」Artpool Art Research Center(ブダペスト)
2004
「Eyelevel Gallery Summer Performance Series 2004」Eyelevel Gallery(ハリファックス)
「While you were away: Mail Art Show」667shotwell(サンフランシスコ)

パフォーマンス, 上映など

2015
「愛すべき世界」丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(香川)
「Project Bakawan」University of Philippines Film Center(マニラ)
2011
「6th Carnival of e-Creativity」Sattal Estate(ビムタル)
「BONE 14 – Performance Art Festival BERN」Schlachthaus Theater(ベルン)
2010
「Communicating with Thieves」(ヘルシンキ)
「Tossing Socialist in the Air in Romania」(ブカレスト)
2008
「多摩美術大学をぴかぴかぴかぴかぴかぴかにする」多摩美術大学(東京)
「6th DaDao Live Art Festival」(上海)
「UP-ON First Live Art Festival」(成都)
2007
「Bucharest Biennale 3 parallel event」National Theater Bucharest(ブカレスト)
「Video screening II」Lothringer 13(ミュンヘン)
「East-West Study Project 2007 – The Art of „Encounter“」(ケルン、デュッセルドルフ、ハノーファー)
「KargART Video Festival」(イスタンブール)
2006
「INPORT – International Video-Performance Art Festival」(タリン)
「ゼロ次元以降のアクションアート」都電荒川線(東京)
「SPRINGTIDES」Salzau Castle(シュレスヴィヒ・ホルシュタイン)

受賞、助成金など

2019
ハーモニック伊藤財団(東京)
ポーラ美術振興財団(東京)
2018
Bildrecht(オーストリア)
野村財団(東京)
Follow Fluxus – After Fluxus2018, Nassauischer Kunstverein Wiesbaden,ヴィースバーデン, ドイツ(ノミネート)
2017
Aethetica Art Prize 2017 Longlist(イギリス)
2016
Future Generation Art Award 2016, Victor Pinchuk Foundation, ウクライナ (ノミネート)
2015
新進芸術家海外研修制度(長期)、文化庁
2014
新進芸術家海外研修制度(短期)、文化庁
Prudential Eye Award 2015, Prudential Contemporary Art, シンガポール(ノミネート)
Future Greats 2014, ArtReview, イギリス
Follow Fluxus – After Fluxus2014, Nassauischer Kunstverein Wiesbaden,ヴィースバーデン, ドイツ(ノミネート)

出版物

2019
ウィーンで赤い者を追う, PARCO(東京)
2018
歓迎絶望ピクニック政府, 自費出版(ウィーン)
2017
資本主義が終わるまで, Art-Phil(東京)
2016
過去に公開した日記を現在の注釈とする:天麩羅, UMISHIBAURA(東京)
2015
歴史上歴史的に歴史的な共産主義の歴史, Art-phil(東京)
2013
公共性を再演する|作品の解説を23種類の言語に翻訳する, マイブックサービス(東京)
2010
台無しの共同体, 自費出版(東京)

パブリックコレクション

Otazu Foundation(スペイン)

Wroclaw Contemporary Museum(ヴロツワフ, ポーランド)

Kadist Foundation(パリ/サンフランシスコ)

森美術館(東京)

一橋大学(東京)

公益財団法人福武財団(香川)

高橋コレクション(東京)

株式会社ユナイテットアローズ(東京)

pagetop